スクール事業/水産加工事業

スクール事業

大阪校代表からのご挨拶

Greeting

2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。農林水産省のHPに載っております『ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食;日本人の伝統的な食文化」とは』からの抜粋です。

“南北に長く、四季が明確な日本には多様で豊かな自然があり、そこで生まれた食文化もまた、これに寄り添うように育まれてきました。このような、「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいた「食」に関する「習わし」を、「和食;日本人の伝統的な食文化」と題して、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。”

そして和食のなかでも世界中の方から広く認知されている「寿司」。今や国内外を問わず寿司職人は大変不足しています。そこで様々な技術を短期間で身につけていただける学校を関西にも!という思いで大阪にも開校いたしました。

普段私が関わる鮮魚卸の業務を通じて、「もっと魚好きを増やしたい!」という思い。本来日本人が大切にしてきた「魚の文化」を子供にも伝えたい!という思い。そんな思いが詰まった「東京すしアカデミー 大阪校」です。

ここで学んだ方々が日本そして世界で活躍してくださることを祈ります。

大阪校代表

上田 晋右

スクールについて

About School
東京すしアカデミーの授業で魚をさばいています

東京すしアカデミー

日本初の寿司職人養成スクールとして2002年に開校。短期間で寿司の技術を習得する革新的なカリキュラムが特徴。国内はもとより世界で活躍したい日本食文化の担い手を育成しています。

公式サイトへはこちらからアクセスしてください
東京すしアカデミーの授業で魚をさばいています

水産加工事業

事業及び業務内容

About Seafood Processing
加工部門の事業で魚をさばいています

加工部門の事業について

大手スーパーや飲食店に対して、要望に応じた加工をしております。
また、中央市場内に衛生的な加工場をつくり、衛星面に十分注意をし、安心・安全な商品をご提案しております。

加工部門の事業で魚をさばいています
加工部門の事業で魚をさばいています

加工部門の事業案内

飲食店、大手スーパーに対して、活魚のフィーレ加工や切り身加工を納品しております。
また、夏はハモの骨きり、冬はトラフグの身欠をメインに加工し、季節に応じた商材の加工も行っております。

加工部門の事業で魚をさばいています
トップページへ移動します